CQラボ
文化とひとと組織に
橋をかけ
Better world, peaceful worldの
実現に貢献する

 
 
CQラボは、 CQCultural Intelligence(様々な文化的背景の中で効果的に協働する力)を高めることを目指して、楽しく学び対話できる場所です。
文化が私達の考え方や行動に与える影響を共有し、お互いに楽しく学び合うことを大切にしています。
文化を理解することで、日本の仕組みや、自分自身に対する理解も深まります。異なる文化的背景を持つひとと対話し、新しい価値観を共創していく。そんな場になればと、心から願っています。
 

人間のサバイバルは、違う考えを持つ人と 協働する力にかかっている。」
ヘールト・ホフステード 1980年

Event

<<イベント>>

異文化と組織
 

2020年9月19日

 

異文化と組織:文化のはざまにいる海外駐在員の直面する現実

「異文化と組織を研究する会」のイベント「文化のはざまにいる海外駐在員の直面する事実」・・・

 

 

event-image03
 

2020年9月9日

 

CQ研究会 「6次元モデルと子育て・夫婦関係」

 
4カ国での子育ての経験を6次元モデルで再編集された 高山智子さん の俯瞰的視点を共有...
 

 

event-image02
 

2020年8月26日

 

オンライン読書会 「経営戦略としての異文化適応力」
  

 異文化や文化の関連図書をオンラインで読んでいきましょう。

 

 

 

Event Report

<<イベント報告>>

6次元モデルと子育て/夫婦関係

2020年9月9日

 
 

 

  オンライン イベント
子育て/夫婦関係を6次元モデルで読み解く
 

 

異文化と組織

 

2020年8月8日

 
 
  Facebook Live イベント
異文化での組織構造・組織運営について学ぶイベント
 

 


Member column

<<メンバーコラム>>

  

交換留学プログラムのサポート現場から見えてきた日本文化の特徴とは?
田代礼子

 

.その1 高い男性性から見た「お弁当」
.その2 日本人の「きれい好き」を6次元モデルで見る①
 


 

割り勘とホフステードモデル
異文化エキスパート 浅井稔

 

.日本人はなぜバリバリの集団主義と は 言えない?
.中国人はなぜ集団主義と言える?
.中国人の集団主義のベースとなる『関係(グアンシー)』とは?
.中国人にとっての 『公私の区別』とは?
.個人主義文化 の『個』 と中国の『個』の 概念の隔たりが生む問題とは?
 

 

 

Blog・Information

<<ブログ・お知らせ>>

[%category%]
[%new:new%] [%article_date_notime_dot%]

[%title%]

[%lead%]
 
 


 About CQLAB

<<CQラボ>>

 

 
 

 
文化とひとと組織に
橋をかけ、 
Better world, peaceful worldの実現に貢献する

 

 

 

BetterWorld
 

 

CQラボは、 CQCultural Intelligence(様々な文化的背景の中で効果的に協働する力)を高めることを目指して、楽しく学び対話できる場所です。
文化が私達の考え方や行動に与える影響を共有し、お互いに楽しく学び合うことを大切にしています。
文化を理解することで、日本の仕組みや、自分自身に対する理解も深まります。異なる文化的背景を持つひとと対話し、新しい価値観を共創していく。そんな場になればと、心から願っています。
 

人間のサバイバルは、違う考えを持つ人と 協働する力にかかっている。」
ヘールト・ホフステード 1980年

 世界の国民文化を読み解く:ホフステードの6次元モデル

 
私達人間は普遍的な課題を抱えています。でも、その解決方法は、国によって異なります。私達のものの見方は、生まれた国の文化的価値観の影響を深く受けているからです。この違いを6つの次元(切り口)で表し、数値化したのが「ホフステードの6次元モデル」。目で見ることのできない各国の文化的価値観の違いを比較するツールです。
  

国民文化 6次元モデル 

 
 01. 権力格差 大きい⇔小さい
 02. 集団 ⇔個人主義
 03. 女性性(生活の質)⇔男性性(達成)
 04. 不確実性の回避 低い⇔高い
 05. 短期⇔長期志向
 06. 人生の楽しみ方 抑制的⇔充足的
 
 

 

Message from the president
代表メッセージ 宮森千嘉子

 

私達の考え方や行動に、文化が与える影響はとてつもなく大きい。ビジネスでも、家庭でも、教育の現場でも、文化の持つ影響力が自覚できると、個人的な問題だと思って苦しんでいたことの要因が文化だと知って楽になれたりします。